特発性過眠症と猫と

特発性過眠症と診断された筆者の病気の経緯と、一緒に暮らしている猫との暮らしの日記

診察日すっぽかし|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20160612195728j:plain

 

6月11日 10時半、杏林の予約日であった。

目が覚めたのが11時半。

しまった。またやってしまった。

 

薬はベタナミンリタリンが少しゆとりがあるくらいで

他の薬はあと1週間分もない。

でも、ベタナミンリタリンがあれば

取り敢えず仕事中に眠ることはないので、

あとは気力でなんとかするしかないだろう。

急に服用を止めてはいけない薬もあるのだが仕方がない。

 

敗因は前日に職場の人たちと飲みに行ったこと。

2、3年ほど前から、仕事以外に出かけると

大抵次の日には寝込んでしまう。

出かけなくとも、友人が家に遊びに来てくれたりしても

次の日にはどっと疲れてしまう。

出かけるのも、友人と会うのもその時はとても楽しいのだが

なぜなのだろう。

何とかならないものかと思う。

 

 

仕事は産休の人の代わりということで、

昨年の7月から今年の3月までの契約だった。

4月に産休からその人が戻ってきたので、

また新しい職場を探さなくてはならないなあ・・

今度こそ次は見つからないかもしれない。

と思っていた。

40も過ぎると雇ってくれる所はそうそうないことは

嫌という程経験している。

そんな沈んだ気持ちでいる所に、上司からの呼び出しがあった。

 

よく頑張ってくれて、仕事も早いスピードで覚えてくれたので

会社としてはこのまま手放すのはもったいないと感じているのだが、

他の空きのある所を探してみようと思う。どうだろうか?

という提案だった。

 

断る理由など何一つない。

 

仕事でのミスは ”申し訳ありません。代わりをご用意します”

とか ”今回は代金は結構ですから” とかでは済まない。

とてもプレッシャーの大きい仕事なのだが、やりがいがあり

気に入ってもいるのだ。

 

上司には、是非お願いします。と返事をした。

4月のことだ。

 

5月になり、空きが見つかった、と言われ

どこであろうと行くつもりでいたので、

2つ返事で受けた。

事故を起こさなければ、今度は無期限だ。

 

5月中旬から、信濃町から西新宿へ移動となった。

 

やることは同じなのだが、やはり場所場所で工程は違う。

それに、信濃町の時より格段に忙しい。

残業も必ずある。

通勤には、ほぼ2時間かかるので、毎朝4時半に起床し

帰宅は9時ごろになる。

夕飯など悠長に作っていると、寝る時間が遅くなってしまうので

簡単なものでさっと済ます。

ねこのこぶーちゃんとちこの事は、わたしのそんな都合に合わせて

適当に、というわけにはいかないので最優先にする。

”お母さんが帰ってきた!!撫でて、撫でて!ご飯食べちゃったよ!”

と、かわるがわるじゃれつき、膝に乗ってくる。

狭い部屋で二人で留守番をしてくれて、ありがとうね、

と撫でたりブラッシングをしたり、

家族団欒の時を楽しむ。

 

それからシャワーを浴びたり、明日のお弁当の

お米を炊いたり、早めにといっても寝床に入るのは

12時近くなる。

が、今は緊張からか、朝もなんとか寝坊せずに起きている。

まあ、きちんと覚醒していないようで、

どうやって職場までたどり着いたか覚えていない事も

しばしばなのだが。

 

西新宿に通って、もうすぐ1ヶ月になる。

やっと雰囲気にも慣れてきたが、まだまだ毎日覚える事は沢山あり、

やっていけるのかどうか不安になる事もある。

でもこうして仕事をしている時は、

仕事以外の事は考える隙間がないので、今のわたしにとっては

悲しみを思い出さずにいられるとても大切なツールだ。

だが、仕事人間になるつもりもないので、

いつか気持ちがもう少し落ち着いたら、自分の時間も

持てるといいな、と思っている。

 

 

特発性過眠症に困らされている事は、今の所少ない。

午前中覚醒しない事、雨の日に弱い事、気圧頭痛が再発しだした事、

その位だ。

もしかして治っているのでは?なんて思うほどなのだが

でもやはり、最低でもベタナミンリタリンがないと

通常の生活はできない。

Dr.は治りますよ、と言っていたけれど本当なのかな。

 

 

 

 

 

生を掴めなかった人と生を放棄したい人|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20160410232328j:plain

 

夢を見た。

 

パートナーが

” あと1週間持つか、といったところです。”

と、Dr.に言われてから、わたしはパートナーと

色々な話をし、色々なことをした。

そのあと、パートナーは高熱を出した。

 

” わたしが治すから!! ”

 

そう言って、今日はなん日なのだろう?と思った。

 

1週間と言われたのに、

悔いの残らないように過ごさなくてはならないのに、

今日がなん日か、そんなことも把握していないなんて。

愕然とした。

 

ねこが、わたしのお腹のあたりでもぞもぞと

体勢を変えた。

 

夜中の3時28分。

 

良かった。夢だった。

夢だったんだ。

夢であることが嬉しかった。

 

 

この数日、眠くて眠くて仕方がない。

昨日も9時半に寝床に入ってしまったし、

今日は目覚めればテーブルに夕飯のスープが残っていて、

すっかり冷めていた。

夕飯の途中で寝落ちしたらしい。

 

ねこは伸びをしてわたしから離れた。

 

パートナーを探すが、見当たらない。

徐々に覚醒してきて

今のは夢であり、夢でないことを思い出した。

 

 

昨年の11月のある日、パートナーは突然に逝ってしまった。

 

懸命に生きようとしたが、奇跡は起きず、

駆け抜けるように逝ってしまったのだ。

 

パートナーはわたしの特発性過眠症という病に

初めて理解を示してくれた人だ。

 

どれだけの勇気をもらい、不安を取り除いてくれただろう。

パートナーがいなければ、わたしはこの病と

戦うことはできなかっただろうと思う。

 

パートナーは1人で逝ってしまった。

あとには、わたしとねこ2人が残った。

こぶーちゃんとパートナーの忘れ形見の、ちこ。

 

そして、わたしたち3人は、

今までの所からさほど離れていない所に

拠点を移した。

 

 

底のない悲しみが存在することを知った。

 

しかし何事もなかったように容赦無く時間は進んでゆく。

 

ここに存在する意味を失ったわたしは、

ぼんやりと、淡々と、日々をやり過ごす。

 

もう4ヶ月。まだ4ヶ月。

 

 

今はねこのこぶーちゃんとちこのためだけに生きている。

この2人がいなければとっくに生を放棄しただろう。

 

この先はどうなっていくのかわからないけれど

 

 

 

 

 

ロナセン錠2mgが追加された| 特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20151108154917j:plain

前回記事を書いてから、間もなく仕事を2日連続で休んでしまった。

 

どうしても起きる事ができなかった。

 

職場の人には特発性過眠症のことは言っていないので

熱が出てしまった。と嘘をついた。

 

 

それからは休まずに行けているのだが、

午前中は特に眠くて眠くて仕方がない。

電車で運良く座れたりすると、

眠らない様にと思っていても、知らず知らずのうちに眠ってしまい

降りるべき駅で降りることができない。

座れない日ですら、ぼーっとしていて乗り過ごした事もある。

 

昼の休憩では食事が終わり、残り30分ほど目を閉じて

ぼんやりとする。

時には眠ってしまう。

 

朝も昼も眠から目覚めた時は全くすっきりした気持ちはなく、

どんよりぼんやり。

なぜ眠ってしまったのだろうと後悔するくらいだ。

 

昼の休憩にベタナミンリタリンを服用して

午後はやっと体が起動した状態になる。

午前中は仕事が出来ているのかというと、

頭の反応は鈍いと自覚はあるが、

今のところ、以前の様に仕事中に眠ってしまったり

自動症などの症状の出る状態にはなっておらず、

それなりに仕事は出来ているのかもしれない。

 

しかし現在の睡眠時間は6時間くらいで

私にとっては完全に不足だ。

夜は寝床に入ってiPhoneでメールチェック、

購読しているブログを読み、ニュースをみて・・

やっているつもりが寝落ちしている毎日だ。

 

10月の診察日。

Dr.に睡眠時間が不足している事は自覚しているが

午前中眠くて眠くて仕方がない事、

20分〜30分のうたた寝をしてもすっきりしない事

を伝えた。

 

Dr.はうたた寝はやめましょう。と言った。

特発性過眠症ナルコレプシーと違い

目覚めが悪くすっきりとしない場合が多いからだろう。

そしてベタナミンリタリンのせいで夜の睡眠に支障が出ている、

と、今までの眠剤にプラスして就寝前に服用する

ロナセン錠2mg

が追加された。

この薬は主に統合失調症に処方される薬のようだ。

1錠の薬価は¥78.80。

安くはない。

 

1日に服用する薬は、頓服は除いて11種類になった。

 

 

仕事開始・2ヶ月で寝坊1回|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20150906164946j:plain

 

仕事を始めて、2ヶ月が経とうとしている。

8時半が始業時間。家から信濃町まで約1時間半かかる。

始めの2週間ほどは5時半に起き、きちんとお化粧もして

頑張って行っていたのだが、そのうち5時半のアラームは

全く聞こえなくなり、最近では6時10分頃に起きるのがやっとだ。

勿論、お化粧などせずに着替えて、こぶーちゃんのご飯を入れて

自分も朝ごはんを流し込んで慌しく出て行く。

 

しかし意外な事に、一度起きられなくて遅刻をしてしまったが

その日以外は今の所、何とか間に合っている。

3月末までの期限付きの仕事だが、この調子でいけば

通いきれそうな気がしている。

 

ただ、今の仕事、とても大変なのだ。

どんな仕事でも大変なのだと思う。

慣れてくれば楽に感じられる日もくるかもしれない。

とは思うのだが、2ヶ月ではまだまだ殆どの事が点でしかない。

私が今までやってきた仕事の中ではダントツで大変な仕事だ。

 

決して失敗は許されない仕事なのだが、

私はというと午前中は眠気と戦わなければならない日もあり、

こっそり昼前にベタナミンを1錠服用しその場を凌ぐ。

昼は昼でベタナミンリタリンはきっちり服用する。

1日の量を超えているが、どうしようもない。

昼は昼できちんと服用しないと、仕事を終えて家に帰ってから

 動く事が出来なくなってしまうので、やはりどうしようもない。

 

あと困ってしまうのが記憶の喪失だ。

単に歳のせいかもしれないが、

全く記憶に残っていない事が度々ある。

しかしこれは、特発性過眠症に罹患し、薬を飲み始めてから

起こるようになった。気がする。

向精神薬を服用しているのだから仕方がないが

仕事面ではちょっと気まずい思いをする事が多い。

特発性過眠症である事は仕事先の人には言っていないのだ。

 

 

 

日曜日には覚醒する薬を抜いて、たくさん寝るようにと

Dr.に言われているが、仕事も覚えなくてはならないし

仕事の日は疲れてしまって、寝落ち状態なので、

家事など週末にやらなくてはならない事が沢山あり

寝てなどいられないのが現状だ。

 

でもこういう睡眠不足やストレスなども

朝昼の眠気や健忘につながっていくのだろうから

ゆっくりとせめて10時間は眠りたい、

と思うのだが・・・・

 

1日の時間がもう少し長ければなあ・・

就活、そして又就活 梅雨明けと共に|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20140815224942j:plain

”あちいね。お母さん、梅雨明けしたの? ”

”うん、そうらしいね。それと同時に・・
こぶーちゃん、お母さんにもとうとう・・・
は・る・が・き・た!!! ”

”夏じゃなくて、はる?! ”



19年勤めた勤め先を、昨年の3月末をもって、
会社都合で解雇された。
経営不振のため、と言われたが、私の病気、
特発性過眠症』が原因であるということは間違いない、
と言っていい。

1年間職安に通った。

1年間どこにも採用されずに、失業保険が切れた。


その翌月、なんとか仕事が決まった。
1年間のブランクを感じながらも、
精一杯頑張ったつもりだった。

しかし、ある朝、起きることができなかった。
病と、そしてストレス。
負けてしまったわたしにかけられた言葉。

”あなた誰?何?何なんです?
 ・・ああ、研修中の?
 連絡した?そんなの知りませんよ。
 第一ねえ、関係ない。
 うちはねぇ、替わりの人材はそんなにいないんだよ。
 あなたは信用できない。
 もう来なくていいですから。 ”


入社し退社。
同月の出来事だ。


それから3ヶ月。

1度は不採用になった会社に、
別の案件で声をかけられた。

半年間と、期間が限定されている求人だったが
わたしの必死の様子が伝わって。

ー採用ー

給料は決して高くはないが、バースデイ休暇などもあったりして、
他の規定もきっちりしている会社だ。

前職、前々職がブラック企業だったので、実はとても戸惑いを感じている。

いいんですか?!ほんとうに?! 

という気持ち。

なので、今度は死ぬ気で頑張るつもりだ。



1年以上、無財産・無貯蓄で無職でいるのは
本当に狂いそうだった。

失業保険はもらっていたが、貰えないよりはずっといいが
生活に充分な金額ではなかったし、借金は嵩んでいった。

無職、という肩書き(?)は月を重ねるごとに
重くのしかかってきていた。
四方八方から無職ということを咎められている。
常にそんな気持ちだった。
抑うつにもなる。



明日から勤務だ。

勤務先は東京、信濃町
当然、通勤ラッシュなのだろう。

しかし、なまった身体に鞭打って頑張らなくては。

・・涙が出るほど嬉しい出来事だったのだから。


にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ




 
 

ますます正体不明|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20150716074821j:plain

急に真夏のようなギラギラと暑い日が続き、
昨日の夜から雨が降りはじめた。
今現在私の住む地域には、豪雨予報が出ている。

今のところ、東京は土曜日まで雨、という予報。
土曜日は杏林なので、ひどい降りでないといいなあ、
と思うが、わたしはどうも雨女らしく、
出かけるときには90%くらいの確率で雨が降る。

今日は9時に、市の健康診断を予約してあるので
出かけなくてはならない。
しかし今日のお出かけは、住んでいる建物の一階。
一階にクリニックが入っているので、
こんな豪雨の中でも憂鬱ではない。
今日の雨女はラッキーだ。

ただ、今日は朝の4時に起きてしまったので
ひどくお腹が空いている。
血液検査のため、朝は食べてはいけないのだ。
早く済ませて、朝ごはんを食べたい。

 

ここ3ヶ月ほど、冒頭の画像のような表をつけている。
汚い字で恥ずかしいのだが・・・。

改めて見てみると、5時6時に起きれている日が
何日もある。
5月6月にもそのような日があり、そしてそれは
無理矢理起きているのではなく、
アラームもなく、ぱちっと目が覚めてしまうのだ。
そしてその後は眠れないので、寝床から出て
家事などを始める。

睡眠時間は4時間5時間はざらで、
過眠症じゃないのでは?
と思いきや、ある日突然10時間以上寝てしまう。

土日に覚醒するための薬を抜く、
という方法を試しているが、
いまひとつすっきりしない。

土日に限らず過眠の日があるし、
それに何が一番嫌かというと、
薬を飲まなくては何もできないので
土日は全く廃人のようになってしまうこと。
苦しみしか感じない。

どうしたらいいのか。
やっぱり何年経っても、付き合い方がわからない。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

特発性過眠症とブドウ糖?|特発性過眠症と猫と

f:id:dysthymia37:20150708140801j:plain

子供の頃よく食べたラムネ菓子。

とあるサイトでこんな記事を見た。

ラムネ菓子はブドウ糖を主として作られており、
身体への吸収が早いため、二日酔い・眠気・
過食欲求・倦怠感に良いというものだ。

この画像の様な昔からあるラムネ菓子は
スーパーで60円前後で買える。

眠気に効果ありとは言っても、
疾病である眠気は対象外だろうな・・とは思ったが、
特発性過眠症は原因不明であるとされているし、
もしかして軽減くらいしてしまったり・・・・?
などと考え、試してみることにした。
眠気には効果はなくても、倦怠感にだけでも
効果があればラッキーだ。

二日酔いにはブドウ糖の点滴をしてもらうと
すぐに良くなる、なんて話は聞いたことがある。
最近は二日酔いになるようなことはないけれど。


さて。

効果の程はどうだったかというと、
ラムネ菓子によって、眠気と倦怠感、
これらに劇的な変化が見られる結果にはならなかった。
懐かしい味のおやつでした(笑)


しかし、

ブドウ糖が不足するとどうなるの?

ブドウ糖が不足すると、脳はエネルギーを作ることができず、思考能力が低下してしまいます。さらに、集中力が欠け、やる気も出ず、イライラするなど仕事も勉強もはかどりません。

ダイエット等で炭水化物抜きの食事ばかり摂っていると、脳はエネルギー不足になり頭がボーっとしてしまいます。
 
また、脳の機能が低下すると体の各器官へきちんと指令を出すことができなくなり、様々な障害があらわれることも考えられます。
疲れたときに甘い物が欲しくなるのは、脳がブドウ糖を欲しがっている証拠です。

なんて解説しているウェブサイトもあるので、
もしかすると自覚がないだけで、少しは効果があったのかも?

最近、資格取得のために勉強をしているので、
勉強の前に食べてみたりしても良いのかな、
と、太らない程度に摂取してみようと思っています。



先月壊れてしまった歯が出来上がったたので歯医者へ行った。
私は幼い頃から歯が弱く歯医者とは縁が切れなかった。
ほとんどの歯はなんらかの治療がされており、
大人になるにつれ、笑うとほんの少し見える銀の詰め物が
コンプレックスになっていった。

なので、稼ぎのある頃、思い切って口腔内の歯を全て、
自前の歯と同じ色のセラミックに変えてもらったのだ。

1本ン万円。

今回はそれよりもより丈夫なポーセリンの歯。

”半分位の代金に出来るだけおさえますから ”

とは言われていたが、それなりの金額になることを想定していなくてはならなかった。

実際会計になると¥33,500といわれた。

血の気が引いていくのを感じながら、

”カードで・・・リボでお願いします ”

力なく言うのがやっとだった。

無職なのにきつすぎる。
この日の夜から、寝るときのマウスピースは欠かさない、
と心に誓った。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ