読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性過眠症と猫と

特発性過眠症と診断された筆者の病気の経緯と、一緒に暮らしている猫との暮らしの日記

仕事のこと

就活、そして又就活 梅雨明けと共に|特発性過眠症と猫と

”あちいね。お母さん、梅雨明けしたの? ””うん、そうらしいね。それと同時に・・ こぶーちゃん、お母さんにもとうとう・・・ は・る・が・き・た!!! ””夏じゃなくて、はる?! ” 19年勤めた勤め先を、昨年の3月末をもって、 会社都合で解雇された。 …

特発性過眠症、やっぱり、負を招くとしか思えないんだな・・|特発性過眠症と猫と

仕事が決まり2週間ほど働いたのだが、 結局、特発性過眠症が原因でクビになってしまった。興味深い仕事ではあったし、自宅から30分ほどで通いやすかったし 通院の日は仕事も休みの日に当たっていたし 良い部分は多かった。 ただ、あまり多く文句は言えな…