読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性過眠症と猫と

特発性過眠症と診断された筆者の病気の経緯と、一緒に暮らしている猫との暮らしの日記

週末は2日間近く眠りっぱなし 診察を受けたきっかけ|特発性過眠症と猫と

金曜の夜に寝て、日曜日の夕方起きる。

その間は食事もとらず、トイレにも行かない。

 

そんな生活していると知人に話したら、絶対おかしいから病院に行け!

と言われた。

 

子供の頃からよく寝る方だったし、でも言われてみると病的な気もする。

と思ったので、いつか起きれた土曜にでも病院に行ってみようかな、などとぼんやり思っていた。

 

そうして行かないでいる間にみるみる様子がおかしくなって、

仕事中に居眠りをするようになり、上司に叱られ、有給休暇を

取り上げられたりした。

 

やっと危機感を感じて近所の、全国から患者が診て欲しいと殺到するという評判の診療所に行ってみた。

 

仮面鬱病ナルコレプシー。と。

ベタナミン10mgと特製のパウダーの薬が処方された。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする