読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性過眠症と猫と

特発性過眠症と診断された筆者の病気の経緯と、一緒に暮らしている猫との暮らしの日記

特発性過眠症ただ寝てしまうだけの病気がとても重くのしかかる|特発性過眠症と猫と

相変わらず朝は辛く。

6時に起床して行っていた午前中の仕事は、6時の起床がままならなくなってきており

7時に家を出るのだが、その15分前に起床するのがやっとになってきていた。

 

そうして15分で支度が出来ることがわかると、もう、次の日から15分前にしか

起きることが出来ない。

 

前夜に服などはすべて用意しておくので、朝は顔を洗ってこぶーちゃんを撫でる時間

それだけあれば良い。

 

午前中の仕事は接客があるので、気がまぎれてうとうとしてしまうことが

割と少ない。ひまなときは寝てしまうこともあるのだが、この仕事の仲間は、病気の事を

わかってくれていて、寝ているなと気づけば、話しかけてくれたりして寝ないようにしてくれる。

申し訳ない気持ちとありがたい気持ち。

 

午後の仕事は、わたしが自動症で文字が書けないという状態に困り、(当たり前なのだけれど)わたしに文字を書かせない様にする体制をとった。

本人には何も告げることは無く、周囲の人間にそう指示した、ということが伝わってきた。

ちょっとくらい忙しくても大変でも、手伝わない様に。時間を与えると寝てしまうから。

こんな指示も出ていた。

 

病気だから直接言うのは可哀想?それともどう扱っていいかわからない?

 

なんだかフォローされているのか、もてあまされちゃっているのかわからない。

複雑な気持ち。

 

広告を非表示にする