特発性過眠症と猫と

特発性過眠症と診断された筆者の病気の経緯と、一緒に暮らしている2匹の猫との暮らしの日記。終わりたいけれど、生きなくては、とも思う心の不安定な様を不定期更新しています。

ナルコレプシーという病気について調べてみた|特発性過眠症と猫と

 

ナルコレプシー

突然眠りに落ちてしまう病気。

と、聞いたことはある。

自分はナルコレプシーと診断されて、薬をもらっているが、検査なんてしなかった。

ただ、『突然寝てしまうのです』と言ったらナルコレプシーになってしまったのだ。

・・・これはおかしいぞ。

と、ネットでいろいろ調べてみた。

 

 http://p.tl/RCaj    (wikipedia.ナルコレプシー

 

睡眠障害・・・・・睡眠自体が疾患であるものを指す。

不眠症、ナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群睡眠相後退症候群など。

 

ふーん、よく知られている不眠症の仲間なのか。

 

ナルコレプシーの症状、突然眠ってしまう、笑った後などに脱力してしまうことがある。眠った後はすっきりとしている。15歳前後の子供がかかる場合が多い・・・・・

 

私の場合突然眠ってしまうが、脱力したことはないし、何となく自分はナルコレプシーではない様な気がする。

眠った後はとても頭が痛いし、すっきりするどころか、何も出来ない程どんよりとした気分になり、気晴らしに外に飲み物を買いに出たり、用もないのに倉庫をうろうろしてみたり。そんなことをしてもさっぱり目が覚めない。

 

自分は怠け病なのか・・?

 

更に検索をしていくとある文字に目がとまった。

 

” 特発性過眠症 ” 

 

日中の、耐え難い眠気に襲われるという発作。

 朝の目覚めが悪く、頭が重い、頭が痛い、たちくらみ、めまいがするなどの症状が多

く報告される。 日中の睡眠発作後、すっきりとしない場合が多い。

 

これじゃないの?

 

特発性過眠症(とくはつせいかみんしょう)とは、持続性あるいは反復性の日中の

過度の眠気の発作を主症状とする睡眠障害の一種である。そもそも特発性とは、原因が

判明していないことを指す言葉であり、特発性過眠症の原因は判明していない。 他の

過眠症状を持つ睡眠障害と同様、一般への知名度が低いうえ、専門医が非常に少ないた

め、罹患者に対する正しい診断・治療が受けられないことや、まわりの人間からの理解

が得られにくいなど、罹患者には大きな負担がかかっているのが現状である。なお、他

の過眠症状を持つ睡眠障害ナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群など)と比べても、

知名度は低い。 ICSD-2では、特発性過眠症を、長時間睡眠を伴うものと伴わないもの

に細分化している。  

                                      

 http://p.tl/kZHP    (wikipedia.特発性過眠症

 

絶対これ!!!

よし!検査をしよう!

 

広告を非表示にする